あせも対策.com TOP ≫ 予防 体を清潔に保つ

体を清潔に保つ

体を清潔に保つこともあせもの予防に繋がります。日中にかいた汗をそのままにしておくと皮脂などが詰まり、汗腺を塞いであせもの原因となります。かいた汗はそのままにせず肌を清潔に保つことが大切です。汗を大量にかいた場合はこまめに着替えたり、お風呂に入って汗を洗い流すことも重要にです。

着替える時の服にも注意するようにしましょう。 ノースリーブなど肌の露出が多い服は涼しそうに見えますが脇の下などに汗が溜まって蒸発しにくいので、逆にあせもが出来やすくなってしまいます。襟ぐりが大きく開いている服も同様です。体を清潔に保つためにも肌にぴったりフィットするような洋服を選ぶようにしましょう。

また、汗をかいたからといってあまり頻繁にシャワーを浴びるのも良くありません。 頻繁にシャワーを浴びたり入浴することで、皮膚がふやけて汗腺を詰まらせてしまい症状を悪化させることがあります。 そのため、シャワーは多くても1日3回までに抑えるようにしてください。その際は肌に刺激のある石鹸は使用しないようにしましょう。

これは子供でも大人でも言えることですが、長い髪の毛を下ろしていると汗で髪の毛が顔や首にかかってしまいます。 髪の毛には様々な菌がついていると言われますので、清潔な状態を保つことは難しくなってしまいます。汗をかくような夏場などは髪の毛をきちんと束ねるようにして下さい。ショートカットにするというのも一つの方法だと思います。