あせも対策.com TOP ≫ 治療 外用療法

外用療法

あせもは、適切な処置を行えばほとんど治すことが出来る肌疾患です。 皮膚の表面の汗は汚れ供に汗が出る穴(汗孔)を閉塞するため、濡れタオルやシャワーなどで積極的に汗を洗い流して清潔に保ちます。 汗を出来るだけかかないようにすること、かいた時はすぐに対処することが大切なのです。 軽度の表皮損傷は汗孔を閉塞するので、保湿剤などを使用して表皮の損傷の修復や防止に努めます。

湿疹を伴うなどの理由であせもの痒みが強い時は皮膚科専門医師の判断が必要となりますが、最もよく用いられる治療方法は外用療法になります。 汗に対して制汗作用のある塩化アルミニウム溶液や収ケン冷却作用のあるカラミンローション等は効果があります。 紅色汗疹の炎症の強いものは非ステロイド剤や、場合によっては短期間ステロイド剤を使用することがあります。 ステロイド系の外用薬は効果が強いので掻き毟った後にはすぐに治りますが、皮膚呼吸の観点から考えると薬剤の使いすぎは逆効果となります。 必ず医師の診断通りの量や回数を守って使用するようにしましょう。 薬が合わない場合は皮膚科の医師に相談することをお勧めします。

ブドウ球菌などで二次感染を起こしている場合はステロイド剤の使用は逆効果になるため抗生剤を外用します。 自己判断で市販のクリーム剤などを使用するととびひや炎症を誘発してしまうことがあるので、症状がひどい時は必ず 専門の医療機関に行くようにしましょう。