あせも対策.com TOP ≫ 種類 あせものより

あせものより

あせものよりとは、あせもが悪化して起こる疾患で、乳幼児の頭、顔、うなじなどによく出来ることから乳児多発性汗腺膿瘍とも呼ばれています。 あせものよりは汗の量が増える6月〜9月の夏季に発症することが多くあせもを掻き毟った傷跡に黄色ブドウ球菌が感染して起こります。

最初はあせもの部分が赤く小さなしこりになり、次第に大きくなってぶよぶよして膿んできます。さらに化膿がすすむと黄色い膿みが出ます。リンパ節が腫れたり、痛みが強いため赤ちゃんや幼児は不機嫌になりやすく発熱することもあります。 放置すると髪の毛が抜けたり、痕が残ったりするため早期治療が必要です。

あせものよりを防ぐためには汗をこまめにふき取るなどして清潔にし、部屋の温度湿度にも注意が必要になります。 乳幼児であせもが出来てしまった場合はあせもをかいて傷にならないようにするため爪を短く切ったり、ミトンを付けたりするのも良いでしょう。

それでもあせもが悪化してあせものよりになってしまった場合は、皮膚科で診療を受けることをお勧めします。放っておくとさらに症状が悪化し、脱毛してしまうこともあるため自己判断はやめましょう。 あせものよりの治療は、膿みを出すために患部を切って軟膏を塗って炎症を抑え、抗生物質を服用してばい菌を抑制することになります。 治療後は就寝時に氷枕をしたり、乾いたタオルで汗を拭くなどのケアも忘れないようにしましょう。


種類


レーシック
レーシックなら最新鋭のレーシック手術の吉野眼科で!