あせも対策.com TOP ≫ 種類 深在性汗疹

深在性汗疹

深在性汗疹はあまり出来ない稀なあせもです。 皮膚の深いところ、表皮の下層や真皮に汗がつまって起こるので深在性汗疹という名前で呼ばれています。

肌の深層で発症し青白く平らな形状の湿疹が発症するあせもで、日本国内ではあまり事例がありません。表皮より深い真皮内で汗管が詰まって発汗できないので、体内に熱がこもりやすく熱中症になることがあります。 簡単に言えば紅色汗疹の症状が悪化したあせもです。

体内の熱が外に出なくなるため色が青白くなって、鳥肌のようになります。熱中症以外にも全身倦怠感や悪心、めまい、動悸等の全身症状を生じることが多くとても危険です。 痒みや赤味はほとんどなく、体中の広い範囲に平たい発疹が現れます。熱帯地方や高温多湿の環境下で長時間作業しているような方が繰り返し高温にさらされることによって発症しやすいと言われています。 あせもが広範囲に広がってしまうと体温調節機能が低下してしまうので1番気をつけなければならないのはやはり熱中症です。 全身症状も熱中症が起こることによって発症します。

あせもですが、1番の対応策は熱中症の時と同じと言えるでしょう。とにかく涼しくして発汗を抑制し、皮膚を乾かすことが大切です。 また皮膚を清潔にすることも大切です。濡れたタオルなどで汗をふくと良いでしょう。 パウダー類を使うと汗の管を詰まらせてかえって症状を悪化させてしまうことになるため使用は避けるようにしましょう。