あせも対策.com TOP ≫ 種類 水晶様汗疹

水晶様汗疹

水晶様汗疹は日常によく見られるあせもです。直径1〜3mmくらいの小さな水泡、小さな水ぶくれのようなポツポツがたくさん出来るあせものことです。 あせもというと赤いプツプツを思い浮かべる方が多いと思うので、実際に水晶様汗疹になったことがあってもそれがあせもであると自覚していない方も多いと思います。 プツプツを見つけた場合でも「これは何だろう?」とあせもだと気付かないことが多いのですが、あせもは赤色だけではないのです。

水晶様汗疹は肌の表面に汗が付着することで発症し、白いプツプツが出来ます。 どの年齢層にも見られ男女差はほとんどありません。過度の日焼けのあとや発熱のあと、著しい発汗後等に発病します。粟粒大、透明の小水疱が密集して発生します。汗が引くと1日から数日で自然に破れて治ります。 水晶様汗疹は痒みや赤みを伴わないのが特徴です。

小さな透明の玉の水疱が宝石の水晶のように見えることから水晶様汗疹と呼ばれており、白い汗もとも呼ばれています。赤味・痒み・痛みといった症状は一切なく、水ぶくれは擦るだけで簡単に破れます。 皮膚の表面に近いところに汗が溜まるので症状が軽く自覚症状もないため出来ていることに気付かないことも少なくありません。 気付かないことも多く、特に対処をする必要もなく放っておいても治ります。 水晶様汗疹が出来ているということに気付いた場合でも特別な治療をしなくても自然に治るあせもです。