あせも対策.com TOP ≫ その他 あせもとアトピー性皮膚炎

あせもとアトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は皮膚が常に乾燥していて汗をほとんどかかないように見えるかもしれませんが、実際には皮膚がダメージを受けているため汗の出口が詰まりやすく、あせもができやすい体質と言われています。アトピー性皮膚炎の人にあせも症状があると皮膚の炎症が悪化してしまうケースがよく見られます。

あせもを発症するとアトピー性皮膚炎を持つ子供は痒いので我慢できず掻いてしまいます。その結果、皮膚を傷つけて皮膚炎を悪化させてしまうことがあります。 また、皮膚の抵抗力が弱いアトピー性皮膚炎の人にあせもができると、掻いた所に雑菌が入りとびひやおできなどの合併症を起こしやすく治療にも時間がかかります。その為、あせも予防はアトピー性皮膚炎の人にとって非常に大切なことだと言えます。 アトピー性皮膚炎の人の中には乾燥する冬よりも、汗をかきやすい暑い夏の方が汗で皮膚が湿るため、症状がよくなるという方がいます。 しかしそのような場合でも汗をかいた時はそのままにせず肌を清潔に保つようにしましょう。 そしてスキンケアは欠かさず必ず毎日続けるようにして下さい。肌を清潔にすることが大切です。

アトピー性皮膚炎の人のあせも予防は基本的に普通のあせもの予防と同じ方法になります。汗をかいたら、こまめに拭くようにして通気性の良い洋服を着るようにしましょう。入浴やシャワーで皮膚を常に清潔に保ちながら、エアコンなどで温度調節をします。 普段から使用している塗り薬やスキンケア用品がある場合は塗り続けることが大切ですが、万が一あせもが出来てしまった場合は 1度使用を中止して専門家に診てもらうようにしましょう。