あせも対策.com TOP ≫ その他 あせもと汗の関係

あせもと汗の関係

高温多湿の環境で長い時間過ごした場合や、激しい運動などを行い短時間で大量の汗をかいてしまった場合、発熱性などの病気で大量に汗をかいた場合、ギプスをしている場合、通気性の悪い服を着ていた場合等、環境と汗は密接な関係にあります。

あせもは乳幼児に特に多く見られる暑さと汗が関係する皮膚疾患です。あせもと汗による被れを勘違いされている方も少なくありませんが、あせもは汗をかくことによって被れるのではなく、汗を外に出す管である汗管が詰まることで皮膚の中に汗が溜まってしまうことが原因で引き起こします。

赤ちゃんに多く見られるため、汗腺の機能も関係していると言えます。汗をかくことによって肌が荒れている場合はあせもではなく、汗による被れということになります。しかし、いずれの皮膚疾患でも汗が大きく関係していることに違いはありません。

人間の皮膚を見てみると、表面には約200万〜400万個のエクリン汗腺というのがあります。汗というのはこのエクリン汗腺で作られています。汗が作られる状況として、気温が高く暑い時や激しい運動を行ったことによる体温上昇時が挙げられます。 エクリン汗腺の汗管という細い管を通って、皮膚の上に汗を出すことで体の体温調節をするのが汗が果たす役割ですが、汗管の出口や汗孔が垢や埃と言った何かしらのもので塞がれてしまうと汗の出口がなくなってしまい蒸発が出来なくなってしまいます。 大量の汗をかくことと汗管の詰りが原因なので、完全な原因療法はありません。予防が大切になります。