あせも対策.com TOP ≫ その他 とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひ(伝染性膿痂疹)

とびひは伝染性膿痂疹とも言われ、すり傷や虫さされ、あせも、湿疹などの傷口から化膿菌が入り込んで水ぶくれが出た状態を指します。 あせも、湿疹、虫刺されで掻き毟って出来てしまった小さな傷などに黄色ブドウ球菌などの細菌が入り込んで繁殖してしまう皮膚感染症になります。かゆみがとても強いので掻き毟ってしまうことがよくあります。そうすると掻き毟ったところがすぐに破けます。これを掻きこわした手で、他の場所を掻くと、そこにまた水ぶくれが出来ます。これがとびひ(飛び火)です。 どんどん広がっていくことから「飛び火」と言われます。

普通に皮膚に住みついている菌ですが気温が上がると毒性を発揮します。暑くなればなるほど菌は強力になり、接触によって感染します。 あせもをかきむしることにより起こる二次感染になります。特に子供は自分で病巣を広げてしうので注意が必要です。 とびひは感染症の病気なので、完治するまでは人に感染する可能性もあります。 大人は抵抗力があるため感染する可能性は低いですが、大人の場合でも体調不良などで免疫力が低下している場合は感染することがあります。 とびひの範囲が広がってしまうと治るまでに時間がかかるので早めに病院に行って治療するようにしましょう。

治療には主に抗生剤が使用されます。症状が軽い場合は塗り薬だけですが、症状がひどく範囲も広い場合は飲み薬も使います。 場合によっては点滴注射をすることもありますが、ほとんどは飲み薬を飲めば良くなります。