あせも対策.com TOP ≫ 民間治療法 枇杷の葉

枇杷の葉

枇杷は比較的暖かい所に自生する常緑樹で、夏場になるとオレンジ色の甘い枇杷の実を付け縁がギザギザで楽器の琵琶の形に似た葉をしています。古くから薬葉として使われており、江戸時代には枇杷の葉に肉桂(にっけい)、霍香(かっこう)、莪述(がじゅつ)、呉茱萸(ごしゅゆ)、木香(もっこう)、甘草(かんぞう)の7品目を煎じた「枇杷葉湯(びわようとう)」は、夏に暑気払いとして多くの庶民に飲まれていたようです。

枇杷は昔、毒だと言う迷信があったため使用されることはほとんどありませんでしたが、研究が進むにつれて毒だと思われていた青酸に癌細胞を正常細胞に変えるアミグダリンという物質が多く含まれていることが分かったのです。 枇杷の葉に含まれているアミグダリンは癌にとても効果があることが分かってからは枇杷の葉が癌の治療にも使われるようになりました。 その他にも慢性化した病気やアレルギー等身体全般にも効果的であることから、様々な疾患の治療に用いれられるようになりました。

あせもに効果的なのは枇杷の葉風呂です。 枇杷の葉をお風呂に入れると皮膚疾患にも顕著な効果を発揮します。 枇杷の葉3枚ほどをちぎり、葉の表や裏の柔毛をタワシでよく洗い、取り除いて後に2〜3センチ幅に切って水0.5リットルで煮出して冷めた汁であせもが出来ている所に付けるか、お風呂に入れて薬湯にします。最近ではネット通販で枇杷の葉を乾燥させたものが販売されていますのでチェックしてみて下さい。枇杷の葉を配合した入浴剤もあります。


民間治療法

どくだみ
枇杷の葉
よもぎ
桃の葉


筆耕 卒業証書
筆耕の卒業証書なら代書・代筆・筆耕の書道サービスで!

白衣 販売
白衣の販売なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!