あせも対策.com TOP ≫ 基礎知識 あせもの原因

あせもの原因

人間の皮膚は角質層と表皮、真皮、皮下組織という構造になっています。皮膚には汗管という汗を分泌する器官が沢山あります。

その中で汗を出す線を汗腺と言い、そこから汗が出るのですが、角質層(皮膚の表面)が汚れていると汗の出口を塞いでしまいます。汚れたままだと汗が表皮や真皮に溜まってきます。この皮膚の内側に溜まった汗が炎症を起こし、あせもの原因になります。 体および四肢の衣服と摩擦する部位や肘・膝・脇・頸・股などの間擦部などの汗の溜まりやすい場所に多く見られます。あせもの原因となるのは汗だけではありません。肌に付着していた汚れや細菌なども原因になることがあります。

しかし、その名前通りあせもの1番の原因は汗をかくことです。 汗は大人よりも子供の方がかきやすいため、子供が身につける下着や衣服、綿などは汗を吸収しやすいもの選ぶようにしましょう。まだ寝返りを打つことが出来ない赤ちゃんは同じ体勢のまま寝ていることが多いです。そのため密着してる背中はとても汗をかきやすくあせもが出来ることも多いです。

あせもになりやすいのは赤ちゃんから幼児ですが、もちろん大人もなります。特に太っている人や入院などしていて毎日お風呂に入れなかったり、寝たきりの方にも見られます。高温多湿の環境で働いたり運動した場合や発熱性の病気で大量に汗が出た場合、ギプスをした場合、通気性の悪い衣服を着用した場合にも多く発生します。


基礎知識


ナースシューズ 通販
ナースシューズの通販なら創業57年実績多数のe-UNIFORMで!

クリーンスーツ
http://www.rakuten.co.jp/atomkousan/